スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長湯温泉

2014.08.07 13:12|おでかけ
大分旅行2日目。

大分市内は朝から小降りです。
雨雲レーダーを見ると、県の真ん中あたりは縦に筋状に雨雲が広がっていますが
西側の九重方面は雲がない~~^^
雨雲突っ切って強行突破

案の定、別府あたりで激しい豪雨に見舞われ
前が見えない!
それでも「この雲さえ抜けだせば!」と
高速道路を頑張って運転する息子っちでしたが・・・

その先の別府~湯布院間が、霧で突然通行止めに
仕方がないのでまた、大分市に引き返し・・・・(T△T)

悩んだ末、これまた雲のかかってない東側の「臼杵」地方へ向かうことに。
レーダーって便利だね~~

お目当ての鍾乳洞。
鍾乳洞なら中は雨も関係なく見れるね!と思ったら

「雨で川が増水のため、営業停止」とロープが・・・・

えぇーーーー

「せっかく来たのにぃ~~~」

八方ふさがりの中、このまま旅館へ行くしかないか・・・と思ったのですが
「行く道にちょっとしたカフェがあるよ」
ということで、豊後大野市に寄ってみました。
帆足本家 富春館
帆足家は農業のかたわら造酒を業として産をなした家である。
現在の母屋「富春館」は一八六三年(慶応元年)臼杵の名棟梁高橋団内の作になるもの、
式台付玄関など武家の家構えの特徴をもつ、
館号「富春」は帆足家醸の銘酒を意味し頼山陽によってこの名を伝えた。

敷地内には酒蔵、庭園、レストラン、カフェがあり、
母屋はギャラリーとなっていて、陶器や骨とう品が展示販売されています。


土間のカフェでほっこりとランチを頂きます

                  ↑呼び鈴は木製手作り。
                   中がくりぬかれていて、降るとからからと音がします。

なんだかんだ2時間ほど時間をつぶし
長湯温泉のお宿へ。

「大丸旅館」
与謝野鉄幹・晶子夫妻、大仏次郎、徳富蘇峰、高田力蔵画伯、立松和平氏・・・
多くの文化人や著名人の方々にも愛された老舗旅館です。
川に面した続き間には文机があり、作家のような気分になります



大丸旅館の離れ湯。川に沿って歩きます。
「ラムネ温泉」
ぬるめの炭酸泉にゆっくりつかると、全身に気泡がびっしり着きます。
炭酸の効果で血液の循環がよくなるそうです~~

       ↑真ん中画像:流れる川の中にあるのは「天然露天風呂」
                 いや、これは裸じゃ無理でしょ(笑)


炭酸温泉にゆっくりつかり、御馳走と地元のお酒を頂き

9時には全員、爆睡でした~~
スポンサーサイト

コメント

No title

無上の雨ーー
高速が霧で通行止めだなんて、よっぽどだったんだね
(標高の高い山合いを走ってるからねー)
おまけに鍾乳洞も雨で営業停止~??
臼杵って、石仏だけかと思ったら鍾乳洞、あったんだね!

だけど、怪我の功名?で素敵なカフェに行けたね~
豪商の家の跡地を利用して造られた、アンティーク感たっぷりの所。
私も訪ねてみたい~❤

長湯温泉のラムネ湯、超有名だけど、いつも通り過ぎるだけだったよ。
宿泊して堪能するのもいいね~
って、そんなに有名なお宿があったなんて、これもまた知らなんだー

お隣の県なのに知らないところだらけ。ラベちゃんのおかげで勉強になってるよ!

No title

あまりの雨で通行止めかと思いきや、まさかの霧!
出鼻をくじかれたよぉー。
臼杵は前回、石仏、城下町、ふぐと堪能したので
残るは鍾乳洞!だったんだけど、こちらもまさかの
営業停止~

雨の中あちこち走り回って、ようやくたどり着いたのが
ここ豊後大野の戸次(へつぎ)でした。
酒蔵も見学できたり、ギャラリーも昔の食器や着物、戦争のヘルメットもあったり・・・
見る人によっては「お宝」がいっぱい(*・▽・*)

ラムネ温泉、息子も何回か来たことがあってお気に入り♪
日帰りでもよし!宿泊してもよし!
大丸旅館は福岡の友達のおススメだったの~
長湯温泉はまだそこまで観光地化されてなくて
ひなびた感じが好き^^
近くの七里田温泉も炭酸が濃くて友人おススメだったけど、
さすがにそんなに入れなかったわ~(´∀`;A


ラムネ

雨は残念だけど、
観光していい感じだよ。
カンカン照りの暑さよりいいかも♪
ラムネ温泉、入ってみたい〜
肌に空気のつぶつぶが付いてる感じかな?(^_^)v

たんぽぽちゃん~

ありがとう~(*・▽・*)

ぽつぽつ位の雨ならよかったんだけど
午前中はワイパー最大にしても前が見えないくらいの豪雨に出会い、困った~(^^;)
幸い午後にはやんでくれたからよかったです^^
ラムネ温泉、そうそう体中が気泡に包まれる!
ダーちゃまは体一面が銀色になるまでゆっくり浸かったそうです!
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ラベンダー

Author:ラベンダー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。