スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の思い出

2014.12.12 17:02|日々の出来事
今日は父の命日です。
平成12年12月12日。わかりやすいんです~~^^

父は昔の夫らしく(?)家のことはほとんど何もしない人で
「男は黙って外で働き、女は家を守る」
もちろん大掃除など手伝いもしませんでしたが
年賀状書きと、大晦日のこの仕事だけは欠かしたことがありませんでした。

我が家は仏教徒ではありましたが、父は長男ではなかったので、
当時、仏壇はなく、なぜか神棚がありました。
毎日ご飯をあげては、「まんまんちゃん、あん」と手を合わせていました(笑)
大晦日の日には必ず父が、お正月に向けて神棚を清め、
ちいちゃな鏡餅をお供えしていたように思います。
やはり、神様のお世話は、男の仕事なんですね。
kamidana2 (1)
   (画像はHPよりお借りしました)

玄関にはしめ縄、床の間には大きめの鏡餅。
元旦には家族そろって正座でお屠蘇を頂き、
関西なのでまるいお餅の入った白みそ仕立てのお雑煮を頂きました。
元旦から寝坊は許されず、ぴりっとした年の明けでした~

今は、お正月も特別感がなく、デパートも元旦から営業するし
ご馳走も、食べたい時に食べることが出きる生活。
親子関係も友達のようで、これでいいのか悪いのか・・・
父が見たら嘆くかも(^^;)


命日に、父のことを思い出しちゃいました^^




スポンサーサイト

コメント

No title

そっかぁ。お父様のご命日だったんだね。

私の父は「昔の男子」にしては、家庭的だった方かな。
PTAの役員をしたり、料理したり。今でいう「育メン」のハシリだったかも。
もう亡くなって35年経ってしまったけど、優しかった父の事は今でも忘れないよ~!

そうそう、うちにも仏壇と神棚があった(今でも実家にある!)
神棚へ「お神酒」をあげるのは男性の仕事みたいだね。
(女性は「生理」があるので、穢れてる、とも云われてるみたいー(;´▽`A``)

お正月に向けてのあれこれと細やかな作業や正月の行事。
伝統に則った、おごそかな行事のはずなんだよね、ほんとは。
便利すぎる世の中というのも、ある意味寂しいものがあるね。

honeyちゃん~

honeyちゃんのお父様は家庭的(?)だったのね!
うちは、子育てや家事は妻任せで偉そうにしてたわ(^^;)
家が散らかってると怒られたし。
(でも、考えてみたらmyダーリンは掃除どころか年賀状作りも
妻任せ!)

やっぱり神棚あった?^^
考えてみたら、変だよね(笑)
私的には仏様より神様の方が近い存在だったわ~

お正月、本当は色々意味合いもあるんだろうけど
みんな忙しくて流されてるから、休日としてとらえちゃうよね。
正月早々からお山で「打ち始め」なんて言ってる人もいるし(笑)

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラベンダー

Author:ラベンダー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。